本学では、2016年4月より、学部と大学院が一体となって教育を行う「学院」が創設されました。そのため生命理工学部・生命理工学研究科では、平成28年度以降の新規学生募集は行っておりません。
また、2017年3月16日(木)より、本ページへのアクセスは、生命理工学院生命理工学系のサイト http://educ.titech.ac.jp/bio/ に自動リダイレクトする予定です。旧学部・研究科サイトへのアクセスを希望される方は、 http://www.bio.titech.ac.jp/index_New.html を、新たにブックマークしてください。

TOPICS

研究TOPICSへ


イベント

一覧

  • 2017.2.17

    すべての方向け  NEW

    科学教室「棘皮動物の不思議な世界2017」
    日時:2017年3月28日(火)13:20 ~ 16:00
    場所:大岡山キャンパス 西3号館 5階 基礎生物学実験室

    詳細はこちら

  • 2017.2.17

    すべての方向け  NEW

    科学教室「進化論と利他行動」
    日時:2017年3月26日(日)13:00 ~ 16:00
    場所:大岡山キャンパス 西3号館 5階 基礎生物学実験室

    詳細はこちら

  • 2017.2.17

    すべての方向け  NEW

    科学教室「細胞分裂の観察~1個の細胞からどうやって個体が作られるの~」
    日時:2017年3月25日(土)13:00 ~ 15:00
    場所:大岡山キャンパス 西3号館 5階 基礎生物学実験室

    詳細はこちら

  • 2017.2.7

    すべての方向け  NEW

    第3回神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティア講座
    日時:2017年3月10日(火)10:00 ~ 15:30
    場所:すずかけ台キャンパス 大学会館 多目的ホール

    詳細はこちら


インフォメーション

一覧

  • 2017.2.2   NEW

    中戸川研究室の中戸川仁准教授(生命理工学コース主担当)が、第13回 日本学術振興会賞を受賞しました。

    詳細はこちら

  • 2016.12.16  

    中村・八波研究室の遠山絹華さん(生物プロセス専攻 博士後期課程2年)が、極限環境生物学会2016年度(第17回)年会(2016年11月25日~26日開催 於:すずかけ台キャンパス大学会館)で、優秀ポスター賞を受賞しました。

    詳細はこちら

  • 2016.12.16  

    福居俊昭研究室の折田和泉助教(生命理工学コース主担当)が、極限環境生物学会2016年度(第17回)年会(2016年11月25日~26日開催 於:すずかけ台キャンパス大学会館)で、研究奨励賞を受賞しました。

    詳細はこちら

  • 2016.11.30

    生命理工同窓会のページを公開しました

    詳細はこちら


パブリケーション

一覧

  • 論文掲載日:2017.2.7   NEW

    小倉俊一郎准教授(ライフエンジニアリングコース主担当)等

    掲載誌:国際科学誌「Scientific Reports(サイエンティフィック リポーツ)」オンライン版
    論文タイトル:「Enhancement of 5-aminolevulinic acid-based fluorescence detection of side population-defined glioma stem cells by iron chelation」

    詳細はこちら

  • 論文掲載日:2017.2.9   NEW

    安部聡助教、上野隆史教授(生命理工学コース主担当)等

    掲載誌:米国化学会ナノ材料 雑誌「ACS Nano
    論文タイトル:「Crystal Engineering of Self-Assembled Porous Protein Materials in Living Cells」

    詳細はこちら

  • 論文掲載日:2016.12.22   

    工藤明教授(生命理工学コース主担当)等

    掲載誌:「Scientific Reports」ネイチャー・パブリッシンググループのオンラインジャーナル
    論文タイトル:「Acute transcriptional up-regulation specific to osteoblasts/osteoclasts in medaka fish immediately after exposure to microgravity」

    詳細はこちら

  • 論文掲載日:2016.11.28   

    布施新一郎准教授(生命理工学コース主担当)、御舩悠人大学院生、中村浩之教授(ライフエンジニアリングコース主担当)等

    掲載誌:英国科学雑誌「Nature Communications
    論文タイトル:「Total Synthesis of Feglymycin based on a Linear/Convergent Hybrid Approach using Micro-flow Amide Bond Formation」

    詳細はこちら


バナー

  • 生命理工同窓会
  • 生命理工国際シンポジウム
  • バイオコン・ものコン・高校生バイオコン
  • 生命理工 オープンイノベーションハブ
  • 生命理工学部・研究科 パンフレット
  • 生命理工学部・研究科 受賞一覧
  • 生命理工部 学生の生活
  • 生命理工学院公募一覧
  • 授業への意見BOX

ページ上部へ