研究紹介

精密有機合成化学

私たちの研究室では、生化学の分野で興味のもたれている生理活性分子の中から、天然界からの抽出では入手が困難でかつ複雑な構造を持つ生理活性分子を選び、全合成を研究しています。
その手段としてキラル炭素を構築する新反応の開発を手がけています。
キラル炭素の構築には遷移金属触媒を好んで用いています。
高効率的な反応を開発できる可能性が高いと考えているからです。
標的分子によっては新反応開発にとらわれず、全く自由な発想に基づいて合成法をデザインしています。
さらに、生化学者とのコラボレーションを推進し、生化学の発展にも寄与しています。

研究内容図


ページ上部へ