研究紹介

遺伝子(DNA)は細胞を駆動するバイオナノマシンの設計図であり、遺伝情報をもとにつくられるバイオナノマシンがタンパク質です。
私たちの研究室では生命現象を分子レベルで完全に理解するために、そのタンパク質の細胞内での機能に着目しています。
その際、個々のタンパク質分子を観るだけではなく、生命システムを構成している総てのタンパク質を網羅的に俯瞰しなければ生命現象の本質は解らないと考えています。

近年、細胞が多様な状況に迅速かつ適切に対処するために、生体膜上でドラスティックかつ局所的に生成、消滅する、様々な蛋白質と脂質からなる機能場(細胞膜脂質ラフト)が、シグナル受信の最前線における迅速かつ適切なシグナル処理のために機能していることが分かりました。
細胞膜脂質ラフトを生命システムと捉え、その機能発現の本質を理解するために、タンパク質一分子を生きた細胞内で観察する手法、細胞内のタンパク質を網羅的に調べる手法(プロテオミクス)、また、タンパク質を抗体を用いて操作する手法を独自に開発して研究を進めています。

林研究室メンバー
ここで開発した独自の手法は、それぞれ、本研究以外にも様々な対象に使われています。

ハイスループットで、高い再現性(多数の検体の相互比較が可能)、かつ、高感度(少量のサンプルで実施可能)でデータを得ることが出来る二次元電気泳動法を開発したことで、当該分野がこれまでは苦手としてきた臨床研究や工業の分野にプロテオミクスを拡げようとしています。
また、機能を改変したバクテリアをプロテオミクスで調べることにより、高性能の物質生産系の開発を進めています。

さらに、任意の抗原に適用出来て、タンパク質工学によりその機能を改変出来る抗体が得られる抗体ライブラリーの手法を用いて、バイオナノツールの開発も進めています。

林研究室集合写真


ページ上部へ