研究紹介

酵素を触媒として、二酸化炭素や酸素(空気)を反応物として有効利用する有機合成反応の開発を行っています。
開発した有機合成反応により、医薬品や農薬などの生活に欠かせない有用物質の合成を効率良く行うことができます。

私が扱っている酵素の種類は、アルコール脱水素酵素、リパーゼ、脱炭酸酵素のような良く知られたものです。
しかし、同じ種類の酵素でも性質が異なるものがあり、私が発見した酵素は、非常に頑丈であり、非天然条件下で使用しやすいものです。
有機合成反応の触媒は、一般的には金属化合物を用いる場合が多いのですが、
私は酵素を用いている理由は、天然からの贈り物である酵素は、自然界で長年に渡り進化し続けてきたため精巧であるからです。

私は、これらの研究により、社会生活に必要な有用物質を合成し、未来の地球環境を守りつつ、持続的に化学工業を発展させたいと思っています。


ページ上部へ