研究紹介

ヒトの代謝産物の解析を中心とした生化学を展開し、がんをはじめとする医療応用を目指します。ヒト細胞の性質を詳しく調べることによって、がんの可視化や早期発見を実現するマーカー探索などを行っています。以下のようなテーマを進めています。

がんの代替療法と診断法の開発

日本人の2人に1人ががんになる時代が到来すると言われています。現在がんに対する様々な治療法・診断法が用いられていますが、これに代わる技術の開発が求められています。当研究室ではアミノレブリン酸(ALA)を用いたがんの代替療法と診断法の開発を行っています。


ALAを用いて可視化されたがん細胞

バイオマーカーの開発

医療現場で正確な診断を下すためにはバイオマーカーを使った病態の数値化が不可欠となります。当研究室では新規バイオマーカーの探索・評価系の構築を行っています。


簡易バイオマーカー測定装置

細胞生理工学の展開

がんをはじめとする様々な疾病では細胞生理現象の異常が多く報告されています。当研究室ではこの生理現象を正常に戻すための基礎研究を行っています。


ページ上部へ