教員紹介

占部 弘和 教授
占部 弘和 教授

占部 弘和 教授

プロフィール

理学博士

e-mail:hurabe(at)bio.titech.ac.jp

1980年
東京工業大学理学部化学科卒業
1985年
同大学院理工学研究科化学専攻博士課程修了
1985 - 1990年
同理学部 助手
1988 - 1990年
スタンフォード大学化学科博士研究員
1990 - 2000年
東京工業大学生命理工学部助手
2000 - 2004年
同大学院生命理工学研究科生命情報専攻 助教授
2004年より
現職

1998年
有機合成化学奨励賞
1999年
三共研究企画賞

教育活動

学部:有機化学第二(生命工学科)、機器分析概論(生命工学科)、有機化学第四(生体分子コース) 大学院:大学院有機化学、生物活性分子設計、生物有機科学特論(英語)

研究活動

有機化学の研究は「新しい方法論の開発」と「それらに基づく有用化合物の合成・創出」を車の両輪としている。
当グループでは、この2分野のバランスをとりながら研究を推進している。
有機化合物の分子を思い通りに合成する新しい手法の開発は、それまで研究対象としたくても入手不可能と考えられてきた有機化合物を実際に手に取ることを可能にし、新しい発想に基づく応用利用を可能にしてきた。
同時に、東工大での生命理工の研究では、自然にある物質や現象を分析し解釈するだけにとどまらず、それらを人工的・他律的に応用利用することがとりわけ重要となる。
バイオ研究の対象は云うまでもなく有機化合物であり、したがって有機分子を必要に応じて改変しあるいは作り上げることが、この領域のさらなる発展に寄与する。
この観点から、上述した新しい方法論により、実際に天然の生物活性化合物あるいは人工の医薬等の新たな合成を行っている。

所属学会

日本化学会、アメリカ化学会、有機合成化学協会、近畿化学協会

メッセージ

皆さんが小さい頃から大学学部まで取り組んできた勉強は、すでに分かっていること(=やればうまくいくこと)を問題として、それに対する解答を作ることで成り立ってきた。
したがって、皆さんは自力でほとんど解答出来たと思うし、もし残念ながら解答にたどり着けない場合には、模範解答を見ればそれで理解出来た。
ところが、研究室に所属して始める研究は、もはや上述のようなやればうまくいくことを問題とはせず、所詮うまくいかないことばかりが問題となり、模範解答は当然無い。
それでも少しづつ手探りで前進して、自分独自の何らかの答え(応え)を見つけていくことになる。
研究室所属の前後で、いままでやってきた勉強とこれから始める研究の違いについて、このような頭の切り替えが早く出来ると、いよいよ研究にやみつきになると思います。



秦 猛志 准教授
秦 猛志 准教授

秦 猛志 准教授

プロフィール

工学博士

e-mail:thata(at)bio.titech.ac.jp

1995年
東京工業大学生命理工学部生体分子工学科
卒業
1997年
東京工業大学大学院総合理工学研究科
修士課程修了
2000年
京都大学大学院工学研究科博士後期課程修了
1998 - 2000年
日本学術振興会特別研究員(DC1)
2000 - 2005年
三菱ウェルファーマ株式会社創薬研究所
研究員
2005 - 2013年
東京工業大学大学院生命理工学研究科助手(2007年より助教)
2013年より
現職
2014 - 2018年
科学技術振興機構さきがけ研究者を兼任
「分子技術と新機能創出」領域

2009年
味の素研究企画賞
2012年
日産化学工業研究企画賞
2012年
東工大挑戦的研究賞
2012年
有機合成化学奨励賞

教育活動

学部:有機化学第二(生命工学科)、機器分析概論(生命工学科)、有機化学第三(生体分子コース)
大学院:不斉合成(生体分子機能工学専攻)

研究活動

我々のグループでは、有機分子を自由自在に合成・変換する合成手法の開発を行い、それらを利用して天然の有機化合物や人工の医薬などの生理活性化合物を合成しております。
特に最近では鉄触媒の利用、C-H結合活性化など、持続可能社会に必須な「効率性」、「安全性」および「経済性」を重視した未来型反応開発を展開し、次世代の「ものづくり」に貢献するべく研究を推進しています。

所属学会

日本化学会、有機合成化学協会、近畿化学会

メッセージ

有機合成化学は、有機分子を精密に組み立て、医薬等の我々の生活に役立つ分子を生み出す学問であります。
しかし、実際に研究を行なっていると、分子を上手く組み立てることができずに失敗することが多々ありますが、時には我々の想像を超える「非常識」な現象が起こり、分子変換のブレークスルーが生み出されます。
それを目の前のベンチで見つけた時の喜び、興奮は何事にも変えられません。
ものづくりに果敢に挑戦したい人や「非常識」な現象を見つけてみたい人は、是非一度ラボを覗いて見て下さい。


ページ上部へ