東京工業大学生命理工学部では、小中学校用バイオ教材開発を通した競創的教育プログラムを実施しています

開催報告 - バイオコン2006 & 教材で遊ぼう -

東工大バイオコンの成果報告を掲載しております。
次回開催時も、是非ご来場下さい。
≫最新の開催報告はこちらをご覧下さい。

※なお、優秀作品はこちらにてご紹介しております。

バイオコン2006


発表の様子
第一回「東工大生による小・中学生向けバイオ教材創造開発コンテスト(東工大バイオコン)」として、2006年1月19日(木)に一般公開として実施されました。審査員には地域小・中学校教員やバイオ教材開発会社からの来賓をあつめ、内外から適正に評価をもらいました。これは、成果の公表と共に、学生のモチベーション向上を狙うことが目的です。

21グループが15分の持ち時間内で、できあがった教材・教具の紹介や、DNAカードゲーム開発に当たっての考え方・課程・課題などを発表しました。開発したテーマはアミノ酸、食品、遺伝子組換え、生理学、再生医療、環境など多岐にわたります。現代の小・中学生には、聞いたことはあっても内容は知らないであろうトピックばかりでした。「小・中学生対象」という課題達成のため、1年次学生とは思えないほどの工夫がなされ、発表会参加者が驚くような成果をもたらしました。この取組が最近の大学新入生に欠けるとされる主体性・創造力・論理的思考・表現力の養成にきわめて有効であることが確信でき、本演習の目的は充分に達成されました。

なお、後日、上位チームが中学生に出前授業を依頼されたり、最優秀チームの「DNAカードゲーム」が商品化されるなど学外への波及効果も多くみられました。

ページトップへ戻る

東京工業大学
生命理工学部特色GPの概要

本取組は「教えることは学ぶこと」というコンセプトのもと、専門素養の強化や倫理的・社会的側面の理解と共に、自主性・向上心・創造力の育成を目的に小中校生・市民が理解できるバイオ教材開発を学部1年生および3年生に授業として行う試みです。

学生向け説明

入学を希望される皆さんへ生命理工学部の取り組みを紹介します

一般の方向け説明

生命理工学部の新しい教育の試みを紹介します

本学の方向け説明

バイオコンの連絡や教材情報などを掲載しています

バイオコンバナー

ご自由にご利用下さい

東工大ものコン 東工大バイオコン 東工大ものコン 東工大バイオコン