国際大学院プログラム(大学院課程)

生命理工学院(旧・生命理工学研究科)では、平成19年度から留学生教育のために国際大学院コースを設置し、アジアを中心に世界各国から特に優秀な学生を集め、大学院教育を実施してきました。平成25年度からその国際大学院コースを改善・発展させた「国際大学院プログラム」を開始、さらに令和元年度からは新たなプログラムとして継続・発展させております。これらのプログラムには、修士課程、博士課程の他、修士課程と博士課程を一体化した博士一貫コースが設置されています。
 国際大学院プログラムでは、創造性、実践性を養うとともに、英語能力、日本語能力も修得可能とし、持続可能な開発目標の達成を先導するグローバルな理工系の研究者・技術系人材を育成します。将来は我が国とアジアやその近隣諸国の懸け橋となり、生命理工に関する様々なイノベーションを担える国際的な理工系リーダーの育成を目指すものです。
 生命理工学院には、「生命理工学コース」と「ライフエンジニアリングコース」があり、学生はどちらかのコースに所属します。
現在、生命理工学院は出願方法や課程が異なる国際大学院プログラム(A)と国際大学院プログラム(C)により優秀な留学生を幅広く受け入れています。

国際大学院プログラム(A):海外出願、博士一貫制

詳しくはこちらをご覧ください。

国際大学院プログラム(C):海外・国内出願・修士課程・博士後期

詳しくはこちらをご覧ください。

国際大学院プログラム イメージ

ページ上部へ