国際大学院プログラム

国際大学院プログラム イメージ生命理工学研究科では、平成19年度から留学生教育のために国際大学院コースを設置し、東アジアを中心に各国で特に優秀な学生を集め、修士課程と博士後期課程を一体化した博士一貫教育を実施してきました。
平成25年度からはその国際大学院コースを改善・発展させた「国際大学院プログラム」を開始しました。
このプログラムは、留学生と日本人学生が常時共に学ぶことで、留学生間や留学生と日本人学生間で切磋琢磨させることができ、かつ修士課程と博士後期課程を連動させた一貫性教育を中心として創造性、実践性、英語能力、日本語能力も修得可能とし、将来は我が国とアジアとその近隣諸国の架け橋となり、生命に関わるライフイノベーションやグリーンイノベーションを担える国際的な理工系リーダーを育成するものです。

生命理工学研究科では出願方法・課程により下記のA、B、Cの3種類を設け幅広く留学生を受け入れる体制をとっています。

国際大学院プログラム(A)・・海外出願・博士一貫

医療生命コース、環境化学コース、情報生命コースの3コースを設け、それぞれのコースで必要な高度専門科目を用意し、各学生の目的に適合した多様性のある大学院教育を実施しています。
修了に必要な講義は全て英語で行われます。
詳しくはこちらをご覧ください。

国際大学院プログラム(B)理研連携スクール・・海外出願・国内出願・博士後期

東京工業大学は国立研究法人理化学研究所と連携して、博士の学位を取得することを目指している外国人留学生に修学機会を提供するため、東工大・理研連携国際スクールを実施しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

国際大学院プログラム(C)・・海外・国内出願・修士課程・博士後期

博士一貫課程や理研連携スクール以外の学生を受け入れる海外・国内出願プログラムで、主に私費留学生の受入れを目的としています。
詳しくはこちらをご覧ください。

出願のスケジュール詳細はこちらをご覧ください。


ページ上部へ