生命理工学院の沿革・ルーツ

生命理工学院の沿革

1929年

東京工業大学を設置

1990年6月

生命理工学部を設置

1992年4月

大学院生命理工学研究科が発足

1993年 秋

遺伝子実験施設が完成

1997年3月

生物実験センターが完成

1999年

研究主導型教育体制の確立を目指して大学院重点化による全面的改組を行い、
大学院生命理工学研究科に分子生命科学専攻、生命情報専攻、生体分子機能工学専攻が発足
学部は、生命科学科、生命工学科の2学科体制に再編

2000年

バイオサイエンス専攻およびバイオテクノロジー専攻が改組され、
それぞれ生体システム専攻および生物プロセス専攻として5専攻体制の研究科が新たにスタート

2001年

新しい学内施設としてアイソトープ総合センターが生命理工学研究科に近接して建設

2003年

上記の実験施設および生物実験センターとともに、バイオ研究基盤支援総合センターとして統合

2016年

学部と研究科を統一した生命理工学院が発足

生命理工学院のルーツ

東工大では、ビタミンB2を人の手で初めて作ることができるようにし、工業生産を可能にしました。さらに、肝機能改善薬ウルソや抗ウイルス薬アラセナを生み出してきました。また、アルカリ酵素を発見し、酵素配合洗剤の開発への道を切り拓いたのも東工大の研究者です。こうした研究が現在の生命理工学院のルーツであり、生命科学と理工学分野を融合した生命理工学部を全国に先駆けて設置しました。

東工大博物館に展示されているビタミンB2の試薬瓶

東工大博物館に展示されているビタミンB2の試薬瓶

この生命理工学院では、生命に関わる様々な領域で、世界最高レベルの研究・開発を推進し、数多くの優れた成果を打ち出しています。

ページ上部へ