沿革

1990年6月

東京工業大学生命理工学部は、生命理学科、生体機構学科、生物工学科、生体分子工学科の4学科創設

1992年4月

大学院生命理工学研究科がバイオサイエンス、バイオテクノロジーの2専攻が発足。

1993年 秋

遺伝子実験施設が完成。

1997年3月

生物実験センターが完成。

1999年

研究主導型教育体制の確立を目指して大学院重点化による全面的改組を行い、大学院生命理工学研究科に分子生命科学専攻、生命情報専攻、生体分子機能工学専攻が発足。

生命科学科、生命工学科の2学科体制に再編される。

2000年

バイオサイエンス専攻およびバイオテクノロジー専攻が改組され、それぞれ生体システム専攻および生物プロセス専攻として新たにスタートした。

2001年

新しい学内施設としてアイソトープ総合センターが生命理工学研究科に近接して建設される。

2003年

上記の実験施設および生物実験センターとともに、バイオ研究基盤支援総合センターとして統合される。

ページ上部へ