施設・設備

グローバルエッジ研究院

文部科学省による「若手研究者の自立的環境整備促進プログラム」の一環として、平成18年度に設置され、
創造性および挑戦的意欲が豊かで国際的なリーダーシップを発揮できる広い視野と柔軟な発想を持つ若手研究者の育成を目指しています。
この制度により、バイオ系でも優秀で将来有望な若手研究者がテニュア・トラック助教として採用されています。
本学では初めてのテニュアトラック制度をとり、一定期間(約5年)後のテニュア審査合格者は本学の准教授あるいは教授として採用される資格が与えられます。
テニュア・トラック助教の間は自立支援を受けつつも、競争的研究資金の獲得による自らの研究を推進します。
学生の受け入れも可能です。

お知らせ

Jonathan Gardiner Heddle テニュアトラック助教は2010年4月1日付で、
理化学研究所 基幹研究所へ異動になりました。
(Protein-based nanomaterials, Virus-based siRNA delivery systems)


ページ上部へ