東京工業大学生命理工学部では、小中学校用バイオ教材開発を通した競創的教育プログラムを実施しています

開催報告 - 高校生バイオコン & 教材で遊ぼう -

2015年11月7日に高校生バイオコンが開催されました。プログラム及び当日の様子を紹介します。
≫最新の開催報告はこちらをご覧下さい。

第8回高校生バイオコン2015

高校生バイオコンテスト 高校生バイオコンテスト
2015年11月7日、本学すずかけ台キャンパスすずかけホールに於いて第8回高校生バイオコンが開催されました。参加校6校11チームがおおよそ5か月をかけて開発した小中学校向け教材について発表しました。ステージの上では高校生の趣向を凝らした発表に笑いあり、活気と熱気に溢れていました。

プレゼンテーション

高校生バイオコンテスト 高校生バイオコンテスト

今年度の参加チームは次の通りです。
チーム テーマ
麻布大学附属高校
「みんとぅー」
光合成色素の蛍光
麻布大学附属高校
「Liquor-Sprit」
Leaf is Seed
麻布大学附属高校
「TEST PLANT TUBE」
試験管で植物を育ててみよう!!
清真学園高校 
「Obscura Makers」
小型の眼の模型をつくろう
清真学園高校
「プロジェクトDNA」
DNA ~できて納得 あら不思議~
愛媛県立西条高校
「POA」
タニシの力を見せてやる!!
県立厚木高校
「エレクトリック・レバー」
身近な食べ物から電池を作る
県立厚木高校
「Emotion」
Inside Soil
都立新宿高校
「あみちゃんず」
kitchen biology
都立新宿高校
「さかなくしょん」
きんぎょ注意報 -3匹の金魚-
桐蔭学園高等学校
「TBC」
Forever Figure

教材お試しタイム

お試しタイム1 お試しタイム2

発表の後、お試しタイムでは小学生をはじめ多くのご来場の方々に教材を試して頂きました。金魚の輪くぐり実験の再現をしてくれたり、ゲームで遊んだりと展示ブースは子供たちの楽しそうな笑顔であふれていました。どの作品も工夫が凝らされ、丁寧な解説もされていました。
アイテムアイテム
お試しタイム1 お試しタイム2

審査・表彰

アイテムアイテム
外部からお招きした審査員やご来場の方の票などで参加チームの順位が決定します。
優勝は
 清真学園高校 Obscura Makers の 「小型の眼の模型をつくろう」
準優勝は
 都立新宿高校 さかなくしょん の 「きんぎょ注意報-3匹の金魚-」
三位は
 都立新宿高校 あみちゃんず の 「kitchen biology」
 県立厚木高校 Emotion の 「Inside Soil」
また今年も後援して頂いている横浜市教育委員会からの 横浜市教育委員会賞は
 愛媛県立西条高校 POA の 「タニシの力をみせてやる!!」
さらに、審査員特別賞には
 桐蔭学園高等学校 TBC の 「Forever Figure」
が選ばれました。
この1~3位の4つのチームは11月28日(土)の東工大バイオものコン2015に出場して頂き本学3年生と競い合います。
入賞チームの皆さん、おめでとうございました。
受賞を惜しくも逃したチームも工夫をこらした素晴らしい作品で、審査員からエールが送られ第8回高校生バイオコンの幕が下ろされました。

最後に

コンテストでは本学生命理工学部のバイオサークルBCSの学生が主体となり、運営を行ないました。また各チームのティーチング・アシスタントとして高校に出向きアドバイスなどを行い、高校生との交流を深めてきました。高校生にとってだけでなく、BCSのメンバーにとってもいい経験であったと思います。

ページトップへ戻る

東京工業大学
生命理工学部特色GPの概要

本取組は「教えることは学ぶこと」というコンセプトのもと、専門素養の強化や倫理的・社会的側面の理解と共に、自主性・向上心・創造力の育成を目的に小中校生・市民が理解できるバイオ教材開発を学部1年生および3年生に授業として行う試みです。

学生向け説明

入学を希望される皆さんへ生命理工学部の取り組みを紹介します

一般の方向け説明

生命理工学部の新しい教育の試みを紹介します

本学の方向け説明

バイオコンの連絡や教材情報などを掲載しています

バイオコンバナー

ご自由にご利用下さい

東工大ものコン 東工大バイオコン 東工大ものコン 東工大バイオコン