東京工業大学生命理工学部では、小中学校用バイオ教材開発を通した競創的教育プログラムを実施しています

開催報告 -ものコン2008-

東工大ものコンの成果報告を掲載しております。
≫最新の開催報告はこちらをご覧下さい。

ものコン 2008

「バイオものコン2008」を、12月6日(土)にすずかけホールで開催しました。
3年生選択科目である「バイオ創造設計II」の受講生が、「バイオ創造設計I」で実践しているバイオに関した「教材づくり」だけでなく、バイオに関するさまざまな「ものつくり」に取り組み、「バイオ知識の普及」をテーマとした1年間の取り組みの成果を発表しました。1年次より基礎知識が格段に増え、創造力の向上がみられる発表となりました。
ものつくりコンテスト2008 ものつくりコンテスト2008

コンテストでは、1グループの持ち時間は発表と質疑応答を含めて20分間。テーマは、クワガタの実験や、エタノール生成菌のスクリーニング実験、国際大会のある遺伝子組換え技術コンテストiGEMなど、バラエティに富んだ6組が発表しました。また、特別出場として10月に実施された高校生バイオコンで優勝、準優勝した相模女子大学高等部の「はらぺこSHAMYS」という消化すごろくと都立新宿高校「TEKE☆TEKE」チームのダンゴムシの迷路の発表もありました。

それぞれのグループ名と作品名は以下のとおりです。

グループ名 作品
Tokyo Tech iGEM Coli. Touch -implementation of a pressure-responsive genetic circuit in E, Coli-
晴れのちバイオときどき挫折 蟻プロジェクト
KUWA☆GATA クワガタは匂いで釣る
Superチーム Super Bio World
ゴミからエタノール ゴミからエタノール
NAITO  炭素循環~人は千の風になる~


審査の結果、優勝作品は「ゴミからエタノール」に決まりました。この作品は、138プレートもの選択培地を用いて実験を繰り返し、セルロース分解菌を見つける研究をしました。絶え間ない努力と、研究としてのアプローチ手法が高い評価を得たものと思われます。今年は研究の視点が高まった内容となっていました。
ものつくりコンテスト2008 ものつくりコンテスト2008

ページトップへ戻る

東京工業大学
生命理工学部特色GPの概要

本取組は「教えることは学ぶこと」というコンセプトのもと、専門素養の強化や倫理的・社会的側面の理解と共に、自主性・向上心・創造力の育成を目的に小中校生・市民が理解できるバイオ教材開発を学部1年生および3年生に授業として行う試みです。

学生向け説明

入学を希望される皆さんへ生命理工学部の取り組みを紹介します

一般の方向け説明

生命理工学部の新しい教育の試みを紹介します

本学の方向け説明

バイオコンの連絡や教材情報などを掲載しています

バイオコンバナー

ご自由にご利用下さい

東工大ものコン 東工大バイオコン 東工大ものコン 東工大バイオコン