• TOP
  • イベント
  • 高校生のための生命理工学レクチャー2015 開催報告

高校生のための生命理工学レクチャー2015 開催報告

大隅良典教授 ガードナー国際賞・国際生物学賞 受賞記念講演会 開催報告

2015年11月23日に、大岡山キャンパスレクチャーシアターにおいて「高校生のための生命理工学レクチャー2015」を開催した。
本レクチャーは、2015年のガードナー国際賞、国際生物学賞などを受賞した大隅良典栄誉教授による講演を中心として、次世代の科学の担い手になる高校生、中学生に基礎科学の面白さ、大切さを伝えるために開催したものである。
講演会当日は、定員250名のレクチャーシアターが高校生および中学生で満員になり、入りきれなかった保護者約30名が、別講義室で遠隔講義を聴講した。
講演では、大隅良典教授がオートファジー発見の経緯や研究進展上の興奮を中心に、生物学の面白さを平易な言葉で講義し、次代の科学を担う高校生に期待をこめたメッセージを送った。その後、生命理工学部の教員がショートレクチャーを行い、生命理工学院の魅力を伝えた。それぞれの講演に対しては、聴講した高校生から多くの質問も出て、活発なレクチャーとなった。
レクチャー終了後に、会場をレクチャーシアターからくらまえホールに移し、参加高校生と大隅教授、28年度よりスタートする生命理工学院の予定教員・学生との間で交流会を行った。

高校生のための生命理工学レクチャー2015実行委員会委員長
生命理工学研究科教授 岩崎博史

開催案内のページへ

ページ上部へ