大学院教育ポリシー

生命理工学研究科 教育ポリシー

教育目標

生体の構造と機能に対する探求力とそれらを応用に結び付ける実践力、 新たな科学技術への創造力、
そして生命に対する高い倫理観を備えた理工系人材を養成します。

生命理工学研究科は、バイオサイエンスとバイオテクノロジーに関連する最先端の科学技術分野を、理工学を基盤として開拓し、「生命理工学」という新たな学術分野として発展させ、世界最高レベルの研究開発を推進するとともに、その先導的な研究開発環境の中で充実した大学院教育を実施しています。

その教育目標は、最先端の科学や技術を活用して複雑で精緻な生体の構造と機能を解明する力やその成果を応用に結び付ける力、そしてバイオサイエンスとバイオテクノロジーを融合して新たな科学技術を創造する力をもち、生命への畏敬の念と高い倫理観を備え、グローバルに活躍できる理工系人材を養成することです。

本研究科では、大学院の各課程において輩出する人材像、および、そのために学生が修得する能力を次のように定めます。

修士課程

養成する人材像

理工系研究者・技術者として、生体の仕組みを理解し、それを応用する力をもつとともに、広域な科学技術に関する視野を有し、国際的に活躍できる人材

修得する能力

・生体の仕組みを理解し応用するための高度な専門学力
・研究開発を行う上で必要な幅広い理工系基礎専門学力
・確かな専門学力に基づく創造性や問題解決能力
・生命に対する高い倫理観をもって創造的な研究・技術開発を行う力
・国際的に通用するコミュニケーション基礎力

博士後期課程

養成する人材像

世界最高レベルの研究開発を推進できる国際的なバイオ理工系の研究者・技術者となり、豊かな国際社会の実現に向けて新たな科学技術を開拓できる卓越した人材

修得する能力

・科学技術の幅広い専門知識をもとに、生命に関わる新たな知見を創造する能力
・生命に関わる高い見識と倫理観のもとに、知のパラダイムを開拓する能力
・国際的な社会の中で、高度なバイオ理工系人材として研究・技術開発を推進できる能力

生命理工学研究科 アドミッションポリシー

入学者に求める能力と適性

生命への知的好奇心と探求心を有し,理工系の基本的な概念や考え方を身に付け、
国際的な社会での活躍を志望する人材を求めます。

生命理工学研究科では、修士および博士学位の取得を目指す各課程の教育目標に基づき、バイオ系や理工系の専門分野を体系的に習得できる充実した専門教育や、創造性・国際性などを育むことを目的として国際連携や産学連携を活用した教養教育、そして最先端の研究開発を核として創造的な学位論文研究を実施することによる高度な研究者・技術者の養成教育など、世界最高レベルで生命理工学の科学技術分野を先導・牽引する最高学府に相応しい教育を行います。
そこで、本研究科の各課程では、次のような能力と適性をもつ人材を求めます。

修士課程

・理工系の基礎学力とバイオ系の専門学力を有し、それらに基づく論理的思考力や表現力を有している
・生命理工学の研究開発を進めるために必要な語学力を有している
・バイオサイエンスとバイオテクノロジーの研究分野に強い関心を有している
・生命に真摯に向き合う意欲を有している

博士後期課程

・バイオ系の高度な専門学力を有している
・幅広い理工系基礎専門学力を有している
・生命理工学研究を進めるために必要な創造性と問題解決能力を有している
・生命に対して畏敬の念と倫理観を備えている
・国際的に通用するコミュニケーション基礎力を有している


各専攻教育ポリシー


各専攻ディプロマポリシー


ページ上部へ