生体分子機能工学専攻

生命システムの解明と医療への応用

私たちの体は、たんぱく質(酵素・細胞・サイトカイン・抗体など)・核酸(遺伝子など)・脂質(生体膜など)・糖質等々の生体分子とその集合体である細胞から成立ち、スマートで調和のとれたホメオスターシス(恒常性)を維持しています。
生体分子機能工学専攻では、分子科学の3本柱とも言うべき物理化学・有機化学・生物化学(分子生物学)を武器として、生命システムの解明と生体機能の工学的制御による物質生産や医療への応用を追及しています。
さらに生体機能のシミュレーションによるスーパー生理活性分子の設計・ドラッグデリバリーシステム・遺伝子治療の実現や人工細胞・人工臓器、再生医療システムの開発をめざしています。

生体分子機能工学専攻の教育ポリシー

生体分子機能工学専攻 組織構成

分野名

分野名

研究室


生体分子物性講座

生体分子物性分野

上野 研究室

生体分子動力学分野

田口 研究室
大谷 研究室


生体材料設計講座

生体材料設計分野

丸山 研究室
田川 研究室

生理活性分子設計分野

金原 研究室
秦 研究室


生体機能制御工学講座

生体機能制御工学分野

近藤 研究室

バイオミメティック分野

占部 研究室
森 研究室


[協力講座]

生物計算化学講座

櫻井 研究室
(バイオ研究基盤支援総合センター研究部門)


[連携講座]

栗原 研究室 ※注1
(国立医薬品食品衛生研究所/
有機化学部)

※注1:平成28年度、栗原研究室の連携講座の継続はありません。


最近3年間の主な就職先

学部

就職

第一高周波鋼業
JR東日本
中央三井信託銀行
中日新聞社
エスビーシステムズ
高知県庁

進学

東京工業大学
東京大学
東京藝術大学
慶応義塾大学


修士

就職

三菱化学安全科学研究所
協和発酵キリン
日揮
三菱電機
ディー・エヌ・エー
日立インスファーマ
日本食品分析センター
イー・アクセス
クラシエホームプロダクツ
三菱ガス化学
日清オイリオ
凸版印刷
エース損害保険
博報堂
NTTデータ経営研究所
日本たばこ産業
サントリーホールディングス
日本マーケティング研究所
平和物産
守谷商会

三井住友銀行
昭和シェル石油
クリス
東京書籍
さなる
フォルシア
千葉県
新日本ソリューションズ
エバラ食品工業
長瀬産業
オービック
丸美屋食品工業
SBIホールディングス
ブルボン
NEDO
東京工業大学
東京都

進学

東京工業大学
京都大学
東京大学


博士

就職

医学生物学研究所
協和発酵工業
日立ファルマエヴォリューションズ
三菱化学生命科学研究所
Mc Master Univ.(カナダ)PD
理化学研究所基幹研究所
アメリカ国立衛生研究所(PD)
国立精神・神経医療
研修センター
お茶の水女子大学
University of Dundee(PD)
東工大(研究員)
京大(研究員)

進学

中央大法科大学院


ページ上部へ