学部教育ポリシー

生命理工学部 教育ポリシー

教育目標

生物のしくみを読み解き,工学的に応用展開する知的基盤の構築に貢献するとともに、
その成果を高い倫理観と使命感をもって社会に還元することのできる理工系人材を養成します

生命理工学部は、理工学分野の基礎的知識や、バイオサイエンスとバイオテクノロジーに関連する科学的知識と技術を習得し、生命理工学分野を先導するための基礎的能力を養う学部教育を実施します。
その教育目標は、生物の営みを支えるしくみを読み解き、工学的に応用展開する道を切り開くことにより、人類共有の知的基盤の構築に貢献するとともに、その成果を高い倫理観と使命感をもって社会に還元できる理工系人材を養成することです。

本学部の輩出する人材像、および、そのために学生が修得する能力を次のように定めます。

学部(学士)課程

養成する人材像

理工系学士として、生物のしくみとそれを応用するための基礎専門学力や論理的思考力を有し、広域な科学技術に関する知的基盤を社会に還元できる人材

修得する能力

・理工系の基礎学力と生物の仕組みを理解し応用するための基礎的な専門学力
・確かな専門基礎学力に基づく論理的思考力と表現力
・科学技術に対する高い倫理観と使命感をもって未知の世界に挑戦する力
・生命理工学の研究開発を実施できる基礎的な語学力

生命理工学部 アドミッションポリシー

入学者に求める能力と適性

自然科学の基本的な概念や考え方を身に付け、生命現象への旺盛な知的好奇心と
探求心を有する意欲的な人材を求めます

生命理工学部では,学士取得を目指す教育目標に基づき、理工系の基礎分野やバイオ系の基礎専門分野を体系的に修得できる充実した楔形教育や、創造性・表現力などを育むことを目的とした教養教育、そして最先端の研究を核としたバイオ系専門教育など、バイオサイエンスとバイオテクノロジーの科学技術分野を先導・牽引する学部に相応しい教育を行います。

そこで、本学部では、次のような能力と適性をもつ人材を求めます。

・自然科学の基本的な概念や考え方を身に付け,応用できる力を有している
・論理的に思考し,集中してものごとに取り組むことができる
・生命理工学の専門教育で必要となる基礎的な語学力を有している
・挑戦的な理系精神をもって生命現象を探究し,科学・技術の発展に貢献する意欲を有している

入学者の選抜方針

生命理工学部では、求める能力と適正をもつ人材を選抜するために、以下のような試験を行います。

【前期日程】
数学、物理、化学および語学力の学力検査により、理系科目および語学力に関わる基礎学力を検査します。
【後期日程】
理科系科目および英語を組み合わせた総合問題により、論理性、記述性及び考える力を検査します。


ページ上部へ